イベント

【2020年伊勢丹英国展】カメリアズとベノアのスコーン、ウィンスタンレイキャットを買ってきました。

2020年10月28日(水)から11/3(木)まで、新宿伊勢丹で開催されていた「2020伊勢丹英国展 British Fair」へ行ってきました。

コロナ禍での開催であったため、催事場のスペースが狭く、なぜかとても暗く、これまでの伊勢丹英国展とは違い、三越英国展のようにイギリス雑貨を取り扱うブースも登場していました。

ここではこの伊勢丹英国展で買ったものをご紹介しながら、このイベントの雰囲気を少しでもお伝えできたらと思います。

入場制限があった時間帯も

今回、前半の出店ブースの一覧です。

コロナ禍での開催ということもあり、混み合う時間帯や曜日によっては入場制限がありました。

三越英国展のような物販のブースも増え、コンパクトながらグルメから小物類まで、一通りのアイテムが網羅されていました。

会場がちょっと薄暗かったのがあれなのと、イートインスペースが「俺の~」スタイルでスタンディングだったのが、私的にはちょっとダメでした。

話題のティボー・マルションのスコーン。

私好みのバターがしっかり効いたサクサク系スコーンらしく、ぜひぜひ長蛇の列に並んででも買いたかったのですが、都合がつかずギブアップ。

これだけが心残りでした。

ベノアのスコーン

ベノアさんのブースは2つあったのですが、英国王室御用達イギリス産全粒粉と小麦粉を使った紅茶のスコーンとチョコチップのスコーンを買いました。

イギリス産小麦粉も売っており、結構、人気でどんどん売れていました。

ベノアさんのスコーンはホクホク系で、割とスタンダードタイプのスコーンでした。

私はやはり普通の小麦粉のスコーンの方が好きですね。

タイニートリアのダブルチーズスコーン

タイニートリアさんのケーキも、また食べたかったのですが。。。

今回は甘くないスコーン、ダブルチーズスコーンを買いました。

チェダーチーズとゴーダチーズがたっぷり入ったスコーンなので、とてもしっとり。

ご飯スコーンとして、美味しく食べました。

今回、こちらの他でもチーズスコーンが売られていたので、チーズ好きとしては全部買って帰りたかったのですが、時間がなく諦めました。

カメリアズティーハウスロンドンのスコーンなど

8月の三越英国展では大人気過ぎて買えなかった、カメリアズティーハウスロンドンのスコーン。

今回は買えない人がいないようにと、沢山のスコーンを用意してくれてたので、無事購入。

そして、帝国ホテルのアフタヌーンティーのバトラーさんにおすすめされた、チョコレートティーもお買い上げ。

そして、8月に買えなかったマーマレードも無事に捕獲。

カメリアズさんのスコーンは、サクサク系とホクホク系がの良いとこどりの、バランスが良いスコーンでした。

ドライフルーツが入ったクリスマススコーンは、見た目が可愛いだけでなく、ドライフルーツの甘味のアクセントになり、そのまま食べてもとても美味しいスコーンでした。

ウィンスタンレイキャット

NHKの「世界は欲しいモノにあふれてる」にも登場したウィンスタンレイキャット。

別名ケンジントンキャット。

三越英国展に続き、今回も時間がない中なのに、どこまでも追ってくる猫の瞳に引き留められ、また茶トラを2匹お引き取り。

スリーティアーズのパウンドケーキ

週末だけの限定だったのか不確かですが、5,000円以上購入した人で、その場で伊勢丹のアプリに登録すると、スリーティアーズさんのミニ・パウンドケーキが頂けました。

 

リパーブパウンドとエルダーフラワー&ローズパウンド。

可愛いサイズでしたが、しっかりイギリス式の甘さ。

だけど、使っているハーブやローズの風味もしっかり効いていて、上品な甘さになっていました。

スリーティアーズさんは、大人気のアフタヌーンティー専門のお店で、常に2ヵ月先まで予約で埋まっているそう。

三越英国展でもイートインが出てましたが、イートインの場所がちょっとあれだったのでパスしましたが、お店にはいつか行ってみたいですね。

-イベント
-,