Culture Club @Zepp東京、6/22、2016



dsc_3067.jpg

6月22日(水)、カルチャークラブ(Culture Club)東京公演の2日目。

dsc_3070.jpg

この日はかなり早めにZepp Tokyo付近に到着した後、オフ会に参加も、その後のVIPチケットの特典であるミーグリ(Meet&Greet)のことを考えただけで緊張してしまって、食事が喉を通りそうもなく、ケーキセットで皆さんとお話し。

dsc_3075.jpg dsc_3072.jpg

グッズ先行販売は前日と同じく16:00~。前日、ライブ後にTシャツを買おうと思ってたら売り切れだったので、この日は16:00過ぎに並んでお目当てのグッズをゲット。

dsc_3076.jpg

そして、VIPのミーグリの列に並び、16:45過ぎに会場に入り、会場通路に荷物を置き、スタッフから注意事項を聞き、しばし待機。15分後くらいから階段を上がった2階でミーグリが始まり、黄色い声が上がり続ける中待つこと約15分位、列の後方の私の順番に。。。

1人辺り1分あったかなかったくらいの短い時間でしたが、全員とハグ、各メンバーに一言話して(ジョージには機関銃レベルで30言くらい?w)、メンバー全員と記念撮影。ハァー、もー今考えてもお値段以上の、いえ、プライスレスな経験ができましたー!

ジョージの手はフッカフカで少し乾燥気味?でしたw

ちなみに、記念撮影した画像は後日、ネットからダウンロードできるというシステムでした。

で、ミーグリ後、しばしリハーサル中の会場横で待ち(トイレタイム!)、リハ終了後の優先入場で、前日と同じ場所あたりの最前列をゲットー!!!

dsc_3120.jpg

この日のカルチャークラブは、SMAP×SMAPやベストヒットUSA(ただしジョン不在w)の収録があったりで、ちょっとお疲れ気味のようでしたが、バンドは前日よりリラックスしてて楽しそうで、よりアットホームな良い雰囲気でした。ただ、ジョージの声の調子が悪かったみたいで、前日より5曲少ないセットリストで、アンコールも急きょ変更していたほど。

そういえば、前日もそうでしたけど、オーストラリアやフィリピンでライブ前に流れていたオープニングビデオ映像がなかったのは残念でしたけど、Zeppの1階の後方を閉鎖していた位の入りで、全会場で開催しないミーグリを開催してたので、これでも日本公演は収支トントンだったのかなーと思ったりしました。でも、私としてはオープニング映像より、何といっても日本に来てくれたこと、日本でミーグリをしてくれたことに感謝感激雨あられー!!!

dsc_3098.jpg

声の調子が良くなかったせいか、ファンサービスの時間がちょっと長く、その分、前日より最前列のお客さんに絡む絡むwww

dsc_3112.jpg

イギリスのEU離脱選挙の話から、ファンからの花束プレゼントに大喜びしたり、ファン手作りの”I Love Miky♡”のうちわに反応して「マイキーを一番好きなのは僕なんだから」と言ってみたり、「ロイがボスなの」と言ってみたりと、話題の切り替えやそのチョイスの仕方、そして優しさを感じさせる独特な毒づきなど、ただの可愛い55歳のオッサンじゃない、超一流のショーマンとしてのジョージの一面が見れました。

dsc_3107.jpg

ジョージの声が不調だった分、前日以上にメンバー達が一生懸命盛り上げてるのが凄ーくわかって、ホントに涙が出てきましたw ロイも、マイキーも、ジョンも、皆、スタジオミュージシャンでもあるんで演奏力は半端ないのはもちろん、ライブの盛り上げ方も半端なく、このバンドのバンド力にもまた驚かされました。

dsc_3095.jpgdsc_3096.jpg

この日の至近距離からのジョージは、前日とは違う赤いグリッターをアイホールに入れていて、ブラウンのシャドーとのグラデーションがとっても大人セクシーな感じ(^^♪

dsc_3091.jpg

セットリスト:

  1. Time (Clock of the Heart)
  2. Like I Used To
  3. Different Man
  4. Miss Me Blind
  5. The Crying Game(Dave Berry cover)
  6. Do You Really Want to Hurt Me?
  7. More Than Silence

アンコール

  1. Runaway Train
  2. Karma Chameleon
  3. Get It On(T. Rex cover)

dsc_3134.jpg

まー、ジョージの声が調子良くなかったといっても、1年前、数年前のライブ(Youtubeチェックですw)に比べると断然良い状態だったんじゃないかと思ったレベルでした。その調子悪いかった歌声にも、より深みのある哀愁深いハスキーな歌声に、揺るぎないポップアイコン力を感じましたもん。

dsc_3141.jpg

アンコール前に引き上げる時、ジョージが首を横に振りながら引っ込んでいった。。。本人も悔しかったんだろうな。

こうしてカルチャークラブファミリーの超一流な凄さに驚いた東京公演の2日目が終わり、私のカルチャークラブ体験2016も終わってしまいましたけど、バンドは次の日をオフにして(ジョージはランニングや指圧などでリラックスしてたらしいw)、フルセットリストに復調した大阪公演を経て、夜の関空から次の公演地ホノルルへ旅立って行きました。

その後、誰かの「また日本に来てねー!」というツイートに、「In a Flash!」ってジョージが返信してたんで、きっとまたすぐ日本に来てくれるはず!?


グレイテスト・ヒッツ Limited Edition カルチャー・クラブ

 





にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ

kumaholic
About kumaholic 258 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA