【神保町】サラファン(CAPAFAH)で味わうロシアを味わう



今年のモスクワ旅行を思い出しながら食べたいロシア料理

御茶ノ水の駅側にあるニコライ堂。1891年(明治24年)建立のビザンチン様式の教会です。正教会でロシア正教ではないんですね。

その御茶ノ水から少し歩いた神保町にあるロシア料理のサラファン。

先月のフィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会(ロステレコム杯)を観戦に行くずっと前にランチに行ってました。

ランチタイムだと、普通のランチ価格で、本格的な美味しいロシア料理が食べられるお店です。

あー、また早く食事もお菓子も美味しかったロシアに行きたいな(^^♪

サラファンは席数が少ないんですが、少し早めにランチに出れば座れそうです。

今回のランチは「小さな壺焼きランチ」にしました。

ボルシチ。パンには黒パンもあります。

野菜とビーツの柔らかい甘味とトマトの酸味がさっぱりと合ってます。

サワークリームをスープに混ぜて、ピンクにしてから食べます。

さっぱりした美味しさにコクが加わって、さらに美味しくなります。このサワークリーム自体も凄く美味しいんですよ。

こちらのピロシキはパン生地ではなくって、クレープ生地を春巻き風にして揚げてあるパリッとしたタイプで、中身はひき肉でした。

可愛い形が完璧w

森の壺焼き キノコと若鶏のホワイトソース仕立て。

キノコと鶏肉がたっぷり入っていて、クリームソースも重くなくて柔らかで、量ももう少し食べたいのにーと後を引くほど。

グラスの底にスグリが入っているロシアンティー。これは少し酸味が強めなお茶ですが、

濃厚なガトーショコラにはピッタリでした(^^♪

来年のロシアW杯前までには、また行かないと!

 





にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

kumaholic
About kumaholic 281 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください