イベント

情熱のシーラのアドリアーナが来日!@ラテンビート映画祭 

dsc_0171.jpg

2015年10月9日、新宿バルト9という新宿伊勢丹の先にある映画館で開催されていた第12回ラテンビート映画祭。

私は初めてだったんですけど、結構、面白そーなラテン圏の作品が沢山上演されるイベントなんですね。

dsc_0170.jpg

そして、この映画祭で上演される「Closed Rooms」のティーチインに、

NHKの海外ドラマ「情熱のシーラ」で主役シーラを演じていたアドリアーナ・ウガルテさん(アドリアーナ)が参加するということで、ア

ドリアーナの大ファンの私は行ってまいりました!

舞台挨拶から可愛いアドリアーナを見られて幸せだったのですが、なんと、彼女、映画鑑賞タイムでは私の席のすぐ側に座ったのです…!

とにかく可愛いアドリアーナを見て下さい!!!

舞台挨拶

DSC06219 DSC06214

アドリアーナのお隣が原作者のカレ・サントスさん。

舞台挨拶後、皆で鑑賞

dsc06210.jpg

挨拶の後、なーんと、アドリアーナが私の席の近くに座って、皆と一緒に観てたんですよ。

終始お友達とおしゃべりしてたりして、ドラマの大人っぽい印象と違った、年齢相応、等身大の可愛いアドリアーナが見れました。

「Closed Rooms」

DSC06223

可愛いーですね、アドリアーナ。

「Closed Rooms」はスペインでテレビ映画として放映されたものらしく160分。

1900年初めから37年くらいまでのバルセロナが舞台です。

なかなか突っ込みどころが多い、スペインらしい草らと後味の悪さがポイントな映画でした。

ですが、当時のスペインのブルジョア階級の豪華な生活の裏表が描かれていたりして、

その時代のアートや装飾が大好きな私にとってはとてもツボ!な作品でした。

アドリアーナの今後の活躍に期待

DSC06246

「Closed Rooms」のアドリアーナはシーラほどではなかったですが、

大人しい若奥様的役を上手く演じていたんではないかと思いますがー、まー、これからが勝負ですよね。

ぜひ、ペネロペに並ぶくらいのビッグな女優さんに成長して欲しいですね。

created by Rinker
¥15,828 (2020/09/23 03:16:09時点 楽天市場調べ-詳細)

動画配信を無料でお試しする

  無料期間 月額料
DAZN 1ヵ月間 ¥1,925
Amazonプライムビデオ 30日間 ¥500(月額プラン)
Hulu 2週間 ¥1,026
U-NEXT 31日間 ¥2,189
TSUTAYA TV 30日間 ¥1,026
Netflix 30日間 ¥880(ベーシック)

-イベント