アート&エンタ

【ロケットマン】主演タロン・エジャトンの歌がより切なく演出するエルトン・ジョンの半生

こんにちは、クマホリック(@mi_ha_travel)です。

この秋に公開されたエルトン・ジョンの伝記映画というよりミュージカル映画ともいえる「ロケットマン」。

この映画はエルトン自身もプロデュースに関与しているのがポイントで、ファンタージーなく描かれています。

全盛期のあのケバケバしい衣装の理由、なぜミュージカル調の映画にしたかなどを知ることで、

さらに今後聞くエルトン・ジョンの曲が味わい深いものとなる。

そんな映画「ロケットマン」のレビューです。

これも動画配信はこれからですが、全米映画俳優組合賞の主演男優賞にノミネートされたタロン・エジャトン(日本語表記はエガートンではなくエジャトンでいくみたい)の演技と歌にも、またゆっくり痺れたいです。

タロン・エジャトンの歌が切なすぎるほど良い

エルトン・ジョンも協力しているだけに、その幼少からスターになった後にも続く、愛に飢えた孤独さを描いた映画で、観ていて最後までずっと辛すぎました。

その辛さをカバーするためのド派手の衣装だったのかと思うと、また心が痛みます。

だから、所々、ミュージカル調で話を進めていくのが、少しの救いであったように思いました。

また、映画「キングスマン:ゴールデンサークル」で大人気になった主役のタロン・エジャトンですが、

彼のちょっとハスキーで優しい歌が素敵過ぎて、この映画をより切なくする効果絶大でした。

あと、私的にはリチャード・マッデンより、チャーリー・ロウが超絶可愛かったのですがっ!

2018年の英デパートのジョン・ルイスのクリスマスCM

https://youtu.be/mNbSgMEZ_Tw

映画「ロケットマン」より先の2018年のイギリスのデパート「ジョン・ルイス」のクリスマスCMですが、これも感動CMとして当時かなり話題になりました。

最初から最後まで、ずっと観てるのが辛かった「ロケットマン」ですが、

最後の最後、エンドロールで気分がほっと幸せになります。

舞台となっているロンドン

この映画で舞台になっているロンドンは、王立音楽院があるメリルボーン、

レコード、音楽事務所、楽器屋が多いトッテナム・コートロードやデンマーク・ストリート(上の写真)、

曲作りのパートナーである作詞家バーニー・トーピンとであるカフェがあるリージェント・ストリートなど。

この映画もロンドン好きには欠かせない映画かと。

サントラ盤の曲目リスト

サントラ盤でタロンくんの「エルトン・ジョンの世界」を聴くと、しみじみ切なくなれます。

  1. The Bitch Is Back (Introduction)
  2. I Want Love
  3. Saturday Night’s Alright (For Fighting)
  4. Thank You For All Your Loving
  5. Border Song
  6. Rock & Roll Madonna - Interlude
  7. Your Song
  8. Amoreena
  9. Crocodile Rock
  10. Tiny Dancer
  11. Take Me To The Pilot
  12. Hercules
  13. Don’t Go Breaking My Heart
  14. Honky Cat
  15. Pinball Wizard – Interlude
  16. Rocket Man
  17. Bennie and the Jets
  18. Don’t Let The Sun Go Down - Interlude
  19. Sorry Seems To Be The Hardest Word
  20. Goodbye Yellow Brick Road
  21. I’m Still Standing
  22. (I’m Gonna) Love Me Again

動画配信を無料でお試しする

  無料期間 月額料(税込)
DAZN 1ヵ月間 ¥1,925
Amazonプライムビデオ 30日間 ¥500(月額プラン)
Hulu 2週間 ¥1,026
U-NEXT 31日間 ¥2,189
TSUTAYA TV 30日間 ¥1,026
Netflix 30日間 ¥990(ベーシック)

-アート&エンタ
-