Howard Jones ハワードジョーンズ@ビルボードライブ東京



昨日の2月7日(火)、もう馴染、ビルボードライブ東京へ、 ハワード・ジョーンズを聴きに行ってきました。

120207_1838~02120207_1727~01

80年代洋楽で育ったアラフォー&アラフィフにとっては、ハワード・ジョーンズのエレポップも欠かせないところでしょう。

しかも、今回のツアーでは、全盛期でヒット曲満載の1st&2ndのアルバムを再現するというんだから、

絶対、嬉しくて、楽しいていうことが保証されているようなもんです。

う~ん、やっぱりどっちのステージも観たいし、後で後悔したくないしと思って、1stと2ndの両方のステージを観てきました。

120207_1757~01

あのパイナップルヘアからは、全然別世界のお姿になっていらっしゃいましたが、

案の定、頭の中がタイムスリップしたからではなく、今聴いても、観ても、とってもエネルギッシュで楽しい、シンセなポップ。

プラス、年を経たから出てきた渋みも加わって、なかなかカッコ良いステージでした。

やっぱり、両方のステージを観て正解。

本当は最初から立ち上がって、一緒に大声で歌いたかったけど、比較的落ち着いて鑑賞されてた皆さんに合わせて、地味に口ずさんで、やっと最後の方で一緒に立ち上がって楽しみました。

でも、あの頃聴いていた曲って、体で覚えてるから、予習してなくても、曲聴いただけで出てきちゃうんですよね。

最後にフワッと気が抜けたような握手もしてもらったし、もう、終始楽しくって大満足&ストレス大発散。

昨日からずっと、”No One Is To Blame” の歌詞が頭の中でグルグルと素敵に廻ってます。

 

セットリスト:

19:00からの1stショーには Human’s Lib の再現、
21:30からの2ndショーには Dream Into Action の再現。

ハワード・ジョーンズのボーカル&キーボードの他、Robbie Bronnimann(キーボード)とJonathan Atkinson(ドラム)の3人構成。

 


Howard Jones ハワードジョーンズ / Human’s Lib 輸入盤 【CD】

(1stのセットリスト)

1.China Dance
2.Conditioning
3.Pearl In The Shell
4.Natural
5.Hunt The Self
6.Don’t Always Look At The Rain
7.Equality
8.Hide And Seek
9.Human’s Lib
10.What Is Love?
11.New Song

ENCORE
1.Building Our Own Future
2.Things Can Only Get Better

 


【送料無料】Howard Jones ハワードジョーンズ / Dream Into Action 輸入盤 【CD】

(2ndのセットリスト)

1.Automation
2.Why Look For The Key
3.Is There A Difference?
4.Assault & Battery
5.Look Mama
6.Elegy
7.Specialty
8.Dream Into Action
9.Hunger For The Flesh
10.No One Is To Blame
11.Bounce Right Back
12.Life In One Day
14.Things Can Only Get Better

ENCORE
1.Building Our Own Future
3.Like To Get To Know You Well

 


Howard Jones/Humans Lib / Dream Into Action Live At The Indigo2 (Ltd)





にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ

kumaholic
About kumaholic 252 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA