blur@日本武道館



ちょっと戻って、1月14日(火)に仲直りしてフルメンバーが揃ったブラー(Blur)のライブを見に日本武道館まで行ってきました。

DSC02727.jpg

大好きだったブラー。

多分、今だったらもっと好きなはず~!と思い、5分で完売したといわれた武道館チケット、いろいろ頑張りまして~、アリーナ前列の端寄りだけど、なかなか良い席が取れましたっ!

DSC02721.jpg

アイパッドで客席を撮影しながら登場したデーモン。

今回はプロ仕様のカメラやビデオの使用でなければカメラ使用OK、ネット掲載推奨~ってことだったので、デジカメ持って、「あんた、何しに来たん?」っていうくらい沢山撮ってきました~。

本当は全曲思いっきりシンガロングで楽しみまくり~が良かったんですけどね、もちろん。

でも、前日のZeppなんかのようなモッシュがあるスタンディングじゃない、武道館の指定席の前列席で、撮影OKだったら、撮るしかないじゃないですか~。

ブラーのライブでこんな安全に撮れるってこと、他ではないでしょうから。

といっても、さすが待ちに待った4人揃ったブラー、流石の武道館をZepp並に揺らしてました~!

スミマセン~、撮ってきた写真と動画を中心に進めていくんで、ちょっと長くなります~。

なお、ペタッピで粗すぎる動画はイメージということで、雰囲気だけお楽しみ下さ~い。

DSC02723.jpg

前日のZeppでの追加公演であった水まきですけど、武道館ではないのかな~と思いきや、デーモン君、しっかりとやってくれました~!

まず、Boys & Girls。

DSC02735.jpg

Trimm Trabbで拡声器登場。

DSC02736.jpg

なお、近所のお客さん達は30代位の人達が多かったみたいですが、

DSC02737.jpg

会場全体だと30後半~40代が大多数で、20代、50代っぽい人達も結構いたようん感じです。

私的に大好きなOut of Time~Trimm Trabb がピーク~!

DSC02738.jpg

この Caramel の後から大盛り上がりが始まり~、会場のシンガロングの声も大きくなり~、

Coffee & TV でグレアムが歌う姿を見たあたりからアリーナの揺れを感じ、

Tenderでの会場全体での大シンガロングの高揚にデジカメを持っていられず、

DSC02740.jpg

そんなこんなの中、デーモンが前列左側中央を指して、「ここら辺、行くよ」って言ってたので、Zeppでやったダイブじゃないけど、下に降りるな~と思ってたら、Country Houseでやっぱり!

DSC02741.jpg

お客さんはもちろん、グレアムにも大ウケ。

DSC02742.jpg

王室御用達チーズ屋さんが忙し過ぎて、こんな腹になったアレックス。。。

DSC02745.jpg

デイヴも。

で、ちょっと元気が蘇って、Park Life。

DSC02750.jpg

ちなみに、Park Lifeで一緒に歌ってたこの人、映画「さらば青春の光」の主演のフィル・ダニエルズ。

DSC02743.jpg

End of a Centry,

DSC02744.jpg

Death of a Party, This is a low という渋い流れで本編が終わり~。

そして、アンコールはご当地ソングから始まり(動画には富士山や携帯のクダリも入ってます)、

もう腕と肩がガチガチだったけど、大好きな The Universalだったから頑張って撮った!

で、最後の Song2 ではアリーナが震度3くらい本当に揺れたっ~!!!ほど皆でジャンプしまくり~、だけど私は思いっきり地蔵になってで撮り続けました~。

動画には感動的なハグ×3も入ってま~す。

DSC02747.jpg

まだ1月だったけど、もうすでに今年のベストライブ!と思ってしまったほど、楽し過ぎた!

解散する~オオカミなブラーですが、これ、まだまだ続くな、と楽しみになったライブでした。

DSC02752.jpg

迷ったんですけどね~、結局、買ってしまいました~、ダサいTシャツ。

DSC02753.jpg

セットリスト、撮らせてもらいました。

ベスト・オブ・ブラーPart1って感じなんで、まだPart2もできますね(笑)

なんか、昔より好きになってしまったブラー。

ライブの後のブラーロスのためか、それから1か月以上、ずっ~とブラーを聞き続けてました(爆)





にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ

kumaholic
About kumaholic 265 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA