グルメ

【帝国ホテル 東京】30種類の紅茶などが飲み放題!インぺリアラウンジ・アクアでのアフタヌーンティー

先日、帝国ホテル 東京が2024年から2036年にかけて、建て替え工事を行うというニュースが流れました。

そのニュースを聞いて、一瞬、「え、アクアでのアフタヌーンティーがしばらく出来なくなるの?」と落ち込みました。

ですが、実際にインぺリアラウンジ・アクアのある本館は、2031年からの工事とのこと。

まだまだ10年ありますね~。

とちょっと安堵。

そうです、帝国ホテルのアフタヌーンティーは、そのプレゼンテーション、味、ボリュームはもちろん、スタッフのサービスの質の良さに定評があるラウンジなのです。

私は毎年、秋に開催される英国アフタヌーンティーが好きで、できるだけ行くようにしています。

こちらのアフタヌーンティーの特徴は、なにしろ紅茶やフレーバーティーの種類が豊富なこと。

そして、スタッフの紅茶の知識も豊富なので、気分や好みを告げるとどの紅茶がおすすめかをアドバイスしてくれます。

今回は2020年秋の「アガサ・クリスティーの世界を味わう英国アフタヌーンティー」の様子を通して、帝国ホテルのアフタヌーンティーをレビューします。

予約はプレス発表後すぐに!

早速ですが、帝国ホテルのアフタヌーンティーはとても人気で、普段でも予約が必須。

たまたま空きが出たタイミングで訪れた場合以外は、ほとんど当日、いきなり突撃しても入れません。

特に、毎年、10月頃に開催される「英国アフタヌーンティー」は、予約開始からほどなく完売してしまいます。

この英国アフタヌーンティーに絶対に行きたい場合は、この英国アフタヌーンティーのプレス発表が出たら、帝国ホテルの公式をこまめにチェックして、予約可能なタイミングを監視していることです。

2020年の場合は、8月9日に予約しました。

予定が決まらない場合も、何軒か予約を入れておき、調整後、行かない予約をキャンセルするくらいのアバウトさと速攻性で。

キャンセル規定は要チェックですよ!

インぺリアラウンジ・アクア

ホテルのアフタヌーンティーは、本館1階の「ランデブーラウンジ・バー」のほか、本館17階のインぺリアラウンジ・アクア(アクア)で食べられます。

英国アフタヌーンティーは、アクアになります。

入口には、アガサ・クリスティーの全著作リストや書籍などが展示されていました。

アクアは201席ある、広く開放感あるスペースですが、コロナ禍のため、さらにお客さんがいる隣のテーブルは空きテーブルにしていたので、かなりゆったりできました。

通常、アフタヌーンティーは2時間コースです。

ドレスコードは比較的緩い感じで、スマートカジュアルだったら全然大丈夫ではないでしょうか。

ブリティッシュスタイルの落ち着いたフロアに、年齢層も比較的高めで、静かにヌン活できると思います。

窓から望む日比谷の景色。

できれば「窓際プラン」を選んだ方が、絶対、楽しいと思います。

私は少しケチって内側のお席でしたが、そこからでもこの眺めは見え、フロアに外の光も良く入って明るいので、ゆったり過ごせましたよ。

アガサ・クリスティーの世界を味わうとは?

アガサ・クリスティーの世界を味わうということで、まずグッズ(コースター)を1枚頂きました。

帝国ホテルと同じ1890年に、アガサ・クリスティーが誕生し、帝国ホテルが開業130周年、アガサ・クリスティーが小説家デビュー100周年。

というつながり(?)で、小説内に登場するエピソードや食材をティースタンドに乗せ、帝国ホテル流に表現したというものでした。

紅茶・フレーバーティなどの種類がは30種類

帝国ホテルのアフタヌーンティーの特徴として、まず、とにかく紅茶やフレーバーティーの種類が豊富だということです。

紅茶(ブレンドティー)、フレーバーティー、ハーブティー、日本茶、コーヒーなどが、なんと30種類以上もあるのです。

そして、それらを自由に選べ、飲み放題!

30種類以上もあると、凄く迷いますが、こちらのスタッフにはとても紅茶の知識が豊富な方が多く、好みとその時の気分や体調を言うと、おすすめのお茶をアドバイスして頂けます。

ウェルカムティは、やはり「インペリアルブレンドティー」にしました。

紅茶はその都度、ポットで出てくるので、最低2杯は飲めました。

大満足のプレゼン、味、量、サービス

アフタヌーンティーは、一人づつ1つのスタンドにプレゼンテーションされて出されます。

色や形のバランスなど、見た目のプレゼンテーションも素敵なのですが、そのお味とボリュームも大満足でした!

また、こちらのアフタヌーンティーのサービスは定評があります。

この時も着かず離れずの距離感で、紅茶の説明や次の紅茶の提案などのお声かけをしてくれるなど、とても気持ち良いサービスでした。

セイボリーが多め

こちらのアフタヌーンティーは、スイーツばっかりのアフタヌーンティーではなく、セイボリーが多めなのが大人女子には嬉しいポイント。

  • キュウリとチーズのサンドイッチ
  • クランペットとサーモンムース
  • マッシュポテトと牛挽肉のキッシュ

サンドイッチが美味しいアフタヌーンティーは最高です。

  • ミント香るラムの煮込み
  • ロブスターのグリーンサラダ
  • キッパーズのフィッシュケーキ

ロブスターはアガサの好物で、グリーンウェイの家にはロブスターを模したお皿があるほどとか。

スイーツはまさにイギリスの味

スイーツは4種類。

  • キャラウェイ シードケーキ
  • トライフル
  • ブレッドプディング
  • メレンゲ

イギリスのスイーツらしい甘さが良く再現できていたなーと思うお味でした。

その点でも、トライフルが一番でしたね。

スコーンもハチミツも絶品

スコーンは、レーズンとバターの2種類。

外側が少し固めのサクサクタイプで、ロンドンのリバティ・カフェやリッツカールトン日光で食べたのと同じで、大好きなスコーンのタイプでしたー(^^♪

定番のいちごジャムとクロテッドクリームで^^

ですが、こちらでは帝国ホテル用につくられた蜂蜜もついていて、これがまた絶品な美味しさなのです。

私は追加の蜂蜜を別ピクチャーで頂き、紅茶を飲みながら蜂蜜を食べるという、ロシア式アフタヌーンティーをやってましたw

カメリアズティーハウスの紅茶も3種類

30種類の紅茶などの中、季節限定の紅茶(ブレンドティー)も含まれます。

英国アフタヌーンティーでは、ロンドンにあるカメリアズティーハウス(カメリアズ)の紅茶がいつも出るのですが、今回は3種類も出てました。

【カメリアズティールームの紅茶】

  • ミカド
  • カメリアズ ウェルカムティー
  • バラのなごみのお茶~スージングローズ

このほか、アガサが執筆中に好んでよく飲んでいたという「ラプサンスーチョン」もありました。

バラのなごみのお茶が大人女子におすすめ

今回はカメリアズのお茶を中心に何種類か飲んだうち、特にこの「バラのなごみのお茶~スージングローズ」が気に入りました。

バラ、ショウガ、リコリスのハーブティーで、アンチエイジングを目指す大人女子に良いそうですw

カメリアズティーハウス

いろんなお茶を楽しみたい人におすすめのアフタヌーンティー

プレゼンテーション、味、量、サービスの全てに定評ある帝国ホテルのアフタヌーンティー。

こだわって選出した紅茶、ハーブティ、フレーバーティー、日本茶、コーヒーなどが30種類と豊富。

そのほか、今回のカメリアズのお茶のように、その季節限定のお茶も特徴あるものなので、いろいろなお茶をお試ししたい人におすすめです。

ちなみに、同時期に開催されていた英国展に出店されていたカメリアズさんには、今回気に入ったバラのなごみのお茶はありませんでした…(´;ω;`)

ですが、毎回、紅茶を選出しているスタッフのおすすめの紅茶「チョコレートティー」を買って、ダイエット中の紅茶としてチョコレートの香りだけを美味しい紅茶と共に楽しんでます^^

-グルメ
-, , , ,