ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー@日本武道館



昨日の11月1日、日本武道館に、THE DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVUE(ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー)という、アメリカのAORの3大おじいちゃんスター、

ドナルド・フェイゲン、マイケル・マクドナルド、ボズ・スキャッグス達と、ドナルド・フェイゲンのバンド・スティーリー・ダンのメンバーを中心とした総勢12名のバンドのライブ・プロジェクトのライブに行ってきました。

121101_1822~01

 

それぞれのヒット曲メドレーというより、ソウル~カントリーまでのアメリカン・クラシックの名曲のカバーでまとめたバンド全体としてのステージとう感じで、

スティーリー・ダンにマイケルとボズが乗った感じで、盛り上がりのピークとかもつかめず、最初から最後までマッタリ。

スティーリー・ダンのJon Herington(ジョン・ヘリントン)のギターがバッチリ観れたのが、一番良かったかな。

先週のポール・ウェラーとは180度変わって、まず、観客の平均年齢が25歳くらいは高くて、私なんか全然若い方。

そういう意味でも何の緊張感も要らず、終始楽だった約2時間だったんですけど、とにかく、会場での加齢臭とキツイ香水の臭いが凄いキツかった~。

私も気をつけなきゃ(汗)

 

Jon Herington (Rock)/Time On My Hands





にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ

kumaholic
About kumaholic 265 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA