Thomas Dolby トーマス・ドルビー@ブルーノート東京



昨日、2月17日(金)にブルーノート東京に、またもや80年代のエレポップの奇才といわれてるトーマス・ドルビーの日本初公演を観に行ってきました。

120217_1729~01

本当はジューダスとどっちにしようかとも思ってたんだけど、東京でトーマスなんていう希度から考えて、もう二度とないかなと思って。

エレポップの奇才といわれているだけあって、ソロワークの他、沢山の有名アーチストとのコラボやサポートしてたり、IT関連企業(音楽ソフト会社)のCEOだったり、

ノキアの着信音のプログラマーだったり、活動の幅が本当に幅広くて、しかもまた全てがマスター

120217_1746~01

今回のブルーノートでも、すぐそこの距離の席で観れたんですけど、思った通り、お顔が大きな人でしたっ。

往年の人気曲と中盤に20年ぶりの新譜からの曲を数曲。そしてまた大ヒット曲でまとめたセットリスト。

生ギターと生ベースの音と共に聴けた “Field Work”,”Hyperactive!!,”She blinded me with Science” のライブな迫力には、もう感激。

やっぱり行って良かった

ブルーノート東京のブログにライブの様子がアップされてます。
WHATT’S HAPPENIN’

120217_1729~02

2月17日1stのセットリスト

Commercial Breakup
One of Our Submarines
The Flat Earth
My Brain is Like a Sieve
Evil Twin Brother
Road to Reno
The Toad Licker
I Love You Goodbye
Love is a Loaded Pistol
Airhead
Field Work
Europa and the Pirates Twins
Hyperactive!
She blinded me with Science


Thomas Dolby/A Map Of The Floating City

少し時間がオーバーしてたみたいで、アンコールなしで、ササっと戻って行ってしまいました。

でも、今回の来日時のウエルカム具合に感激して、またライブやりに来ようと思ってるみたいなこと言ってました。

そういえば、ギターのケヴィン・アームストロングを紹介する際、「あのストレンジピープル、何だっけ!?あ、そうモリッシー。そのサポートもしてたんだよね」って言ってたのには笑えた。





にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ

kumaholic
About kumaholic 261 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA