ファーストキャビン秋葉原宿泊記 2017年4月



秋葉原駅昭和通り口から徒歩約8分

最近、少しお洒落だったり、マニア向けに特化してたりという進化型カプセルホテルやホステルが都心に出来ている中、そんな進化型カプセルホテルの走り的なファーストキャビン秋葉原に、ちょっと帰りが遅くなる予定だった日に泊まってきました。

秋葉原駅昭和通り口を出て、昭和通りを渡ります。

右手に進みます。

この中古携帯店を左に曲がります。

そのままちょっと真っ直ぐ進みます。

秋葉原駅から徒歩約8分位の利便良いのに割合静かなエリアにファーストキャビン秋葉原があります。

今回の予約もポイントが貯まっていたるるぶトラベルから予約しました。

現地払いにしていたので、フロントで宿泊費を先払いして、部屋のセーフティーボックスの鍵とTV用のヘッドホンを受け取ります。

フロントの右奥に共有エリアのラウンジ。

私がチェックインした時には、パソコン作業をしていたり、読書をしている人達がいました。

自動販売機には水、ジュース、アルコール、スナック、カップ麺、パン、アイスなどが入っています。

フロントの裏側は大浴場になってます。

男性エリアと女性エリアは、ちゃんとエレベーターから別れてます。

2階の女性エリアには宿泊キャビンの他、ラウンジ、トイレ、シャワールームがあります。

ごみ箱、使用澄みタオル入れなど。

トイレの数も多く、とても綺麗です。

 

ビジネスクラスキャビン

ファーストキャビン秋葉原の宿泊キャビンはファーストクラスキャビン(4.4㎡)とビジネスクラスキャビン(2.5㎡)の2種類。この日はビジネスクラスキャビンに泊まりました。

カプセルホテル扱いなのでキャビンに鍵はかかりません。

ハンガーは3本だけ。

少し大き目のビジネスバック程度だったら余裕で入る鍵付きセーフティーボックス。スーツケースはキャビンの外に出している人が多かったです。

電源コンセント、キャビン内室温調整器、ライト、ヘッドホンなど。WiFiも使えます。

キャビンウェア、使い捨てスリッパ、ボディタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、ボディスポンジなどがベッドに並んでます。

32インチ液晶TVはヘッドホンで聞きます。

普通のカプセルホテルとは違って上の段がない分騒音は少な目ですが、キャビンのシェードを閉める音や、館内をスリッパでパタパタ歩き回る足音や、おしゃべりなどの騒音は結構気になるので、慣れないとかなり気になって落ち着かないと思います。

今回は大浴場でなくシャワールームだけの利用でしたけど、やはりとても混んでいて、いろいろと使い難い点もあったので、少し疲れてても1階の大浴場まで行けばよかったかなと思いました。

チェックインタイムは17:00、チェックアウトタイムは10:00。

飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルをコンセプトとしたファーストキャビン。

¥5,000前後で、便利な場所で、一晩安全に横になれる場所。としてはとても価値はあると思います。

が、騒音に慣れないと落ち着けないので疲れが取れないだろうし、大体、1ヵ月前以上から予約を入れてないと部屋が取れない点では不便ですね。

 

*ファーストキャビン秋葉原をチェックする*

 

 





にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ

kumaholic
About kumaholic 256 Articles
70~90年洋楽、海外サッカー、アーセナル、日本代表、フィギュアスケートなどが大好きなベテランOLのトレンド・レビュー記です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA