ミーハー大人女子的東京近郊街歩き&地方弾丸遠征

ミーハー大人女子生活

観戦・遠征

【ライブ】シンディ・ローパー@渋谷オーチャードホール、2011

投稿日:2011年3月19日 更新日:

渋谷のオーチャードホールに行ってきました、 シンディ・ローパーのメンフィス・ブルース・ジャパンツアー。

$美容フェチ-110318_1826~0100010001.jpg

節電を配慮して行われたライブです。

$美容フェチ-110318_2119~0200010001.jpg

閉鎖された成田に降りられず、横田基地を経由して羽田に着き、午前4時ごろにホテルに入ったシンディご一行。

最初は何が起こったのかわからなかったけど、 空港で毛布にくるませてうずくまっている人達を見たり、 TVで惨状を見てびっくりして、不安にも感じていたけど、

「音楽で大好きな日本を助けたい」と、 「多くの海外アーチストが公演をキャンセルしてるって聞いたけど、 そんなのP***(放送禁止用語)だ!」と、

実際、帰りたがっていたバックメンバーもいたり、 レコード会社などからも中止して欲しいって言われたのに、 「やる!帰らない、こんなときにこそやる!」
頭を下げて説得して、公演を決行したというシンディ。

ブールスを十分に聞かせてくれた前半、 誰もが聞きたかった定番ヒットを歌ってくれた後半。

アーチストの世界を堪能しつつも、 観客も大満足できる完璧なセットリスト。

「こんなときにピッタリね」と歌ってくれた、All Through The Night 、思わず涙、涙、涙。


輸入盤CD スペシャルプライスCyndi Lauper シンディローパー / Memphis Blues 輸入盤 【CD】

何度も「元気!?」、「大丈夫!?」と声をかけながら、 終始、ステージの端から端まで走り回り、ダンスしまくり、 何度も1階客席の中に入ってきて歌ったり、動き回っていたのに、

声とその伸びと響きは昔と何も変わってなくて、「若~い!」をも超えて、「凄~い!」というレベル!

カッコ良すぎるその振る舞いとステージ。
実際のシンディはとっても若くて、とっても可愛いかった!

強くて、優しくて、カッコ良くて、可愛い57歳。
私、もう、シンディ・ローパーになりたい!

$美容フェチ-110318_1829~0100010001.jpg

湯川れい子さん、デーブ・スペクターご夫婦など、 数名のタレント達が公演後にロービーで募金を募ってました。 そして、シンディーも後から参加して、結局、シンディとの握手&ハグ会になっていた。

ちなみに、阪神・淡路大震災後のアンケートでは、ライフラインの他に欲しかったものは、「歌」だそうです。

観客の多くが感動で号泣しながら、 凄い盛り上がっていたライブなんて初めてでした。

「こんな時に日本にくることが出来て、 私の人生の中でも名誉なことでした。ありがとう」

こんな凄いメールが音楽評論家の湯川れい子さんへ、 シンディ・ローパーから届いたそうです。

そして、 「出来るだけ多くの人に届けたい」 という、シンディ本人の強い希望により、 昨日、3月22日19時から、ニコニコ動画で、 大阪NHKホールでの日本最終公演が生中継されました。

地元は停電だったので、私はネカフェに行って見ました~。

ライブ全部を急遽生中継するとなると、 契約内容とか権利とかの問題もあるのに、 実現したなんて、ホント、凄いことだったと思います。 レコード会社とプロモーターの方達、大変だったと思います。

21日に引き続き、日の丸の旗をマントのように羽織り、 何曲も走り回って、客席に飛び出して、熱唱してくれました。 もう、ホント、シンディ素敵。

$美容フェチ-110322_2056~0100010001.jpg

最後の True Colors あたりには、もう、凄い視聴者数。
最終的には13万人にものぼったとか。

同じ時期、 Ne-Yoも来日拒否したバックダンサーをクビにして、 敢えて来日して、ライブ決行をしてくれたんですよね。 結局、新木場での最終公演はキャンセルになりましたけど。

あと、ルー・ルイスのライブでも、 最初に犠牲者への黙祷から入ったそうで、 募金箱も会場にちゃんと設置されていたそうです。 なんか、もう、この人、良い人なんだか、 悪い人なんだかわからないけど。

そして、クラッシク界へ飛んでも、 普段はライバル関係にあるベルリン・フィルとベルリン国立が、 なんと、一緒にチャリティーコンサートを開くらしい。

-観戦・遠征
-